« 実際に消費者金融ってどんなの? | トップページ | 返済などで困ったら »

2012年12月30日 (日)

消費者金融から借りて返済しなかった場合

消費者金融からお金を借りるという事をしっかり考えましょう。

消費者金融からの借入の返済には、当然、時効が存在します。

消費者金融からの借入は商法で言うところの「商事債権」の扱いとなり、商法の規定により5年で時効成立となりますが、それにはいくつかの条件が存在します。

まず時効が成立するまでの期間のカウントは、消費者金融会社との契約で定められた返済日に関して、返済を行わなかった日からとなります。

言い換えると、消費者金融会社への延滞が発生した日からとなります。

契約に基づいた返済日に返済がなければ、当然、消費者金融会社は返済の催促をしてきますが、これに対して一切反応せずに5年が経過すると「消滅時効」が完成することになります。

そこからさらに、「消滅時効の援用」を行うことで、ようやく返済義務が消滅します。

ですが注意があります。

時効には「時効中断制度」という言わば例外規定があるからです。

時効中断が生じると、それまでの経過期間は無かったことになり、再び5年が経過するまで「消滅時効」は完成しません。

時効が中断する具体的な例としては、借りた方が、お金を借りたという事を認めるような発言をしたり、時効の成立前に一部でも返済するなど借金があることを認める行為が該当します。

また、「消滅時効」完成前に「消滅時効の援用」をしようとした場合も時効中断となります。

消費者金融は貸したお金は必ず回収しようと考えています。

色々な方法で時効を延ばしてきますので
そこだけはしっかりと忘れないでください。

« 実際に消費者金融ってどんなの? | トップページ | 返済などで困ったら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1776444/48534468

この記事へのトラックバック一覧です: 消費者金融から借りて返済しなかった場合:

« 実際に消費者金融ってどんなの? | トップページ | 返済などで困ったら »