2012年12月30日 (日)

返済などで困ったら

何かしら、予想外のことが起きてしまって、消費者金融への返済に困るような事態になった場合、どこに相談すべきかご存じでしょうか。

・三大相談先は身内・都道府県の貸金業協会、消費生活センターなどの公的機関

まず1番目としては身内です。

できれば身内には知られたくないというのが人情というものですが、本当に困った時には、早めに相談する方が問題の深刻化を避けられる可能性が高くなります。

2番目としては日本貸金業協会があります。

これは内閣総理大臣の認可を受けて設立した認可法人であり、貸金業者による自主規制機関でもあります。日本貸金業協会では相談窓口として「貸金業相談・紛争解決センター」を設置しており、適切なアドバイスや情報提供、必要に応じて他の相談機関の紹介などを行っています。

3番目として、消費生活センターなどの公的機関があります。

例えば各地の消費生活センターでは、多重債務相談窓口を設けている他、通常の相談窓口でも多重債務相談を受け付けています。

現在借入をしている方で、少し不安のある方
また、これから借入を考えている方は、上記の事を心の片隅に置いておいてください。

もし返済等の事で悩んだら上記の3つを思いだし
相談をしてみましょう。

一人で悩むよりも、必ずいい方向に向かうはずです。

消費者金融から借りて返済しなかった場合

消費者金融からお金を借りるという事をしっかり考えましょう。

消費者金融からの借入の返済には、当然、時効が存在します。

消費者金融からの借入は商法で言うところの「商事債権」の扱いとなり、商法の規定により5年で時効成立となりますが、それにはいくつかの条件が存在します。

まず時効が成立するまでの期間のカウントは、消費者金融会社との契約で定められた返済日に関して、返済を行わなかった日からとなります。

言い換えると、消費者金融会社への延滞が発生した日からとなります。

契約に基づいた返済日に返済がなければ、当然、消費者金融会社は返済の催促をしてきますが、これに対して一切反応せずに5年が経過すると「消滅時効」が完成することになります。

そこからさらに、「消滅時効の援用」を行うことで、ようやく返済義務が消滅します。

ですが注意があります。

時効には「時効中断制度」という言わば例外規定があるからです。

時効中断が生じると、それまでの経過期間は無かったことになり、再び5年が経過するまで「消滅時効」は完成しません。

時効が中断する具体的な例としては、借りた方が、お金を借りたという事を認めるような発言をしたり、時効の成立前に一部でも返済するなど借金があることを認める行為が該当します。

また、「消滅時効」完成前に「消滅時効の援用」をしようとした場合も時効中断となります。

消費者金融は貸したお金は必ず回収しようと考えています。

色々な方法で時効を延ばしてきますので
そこだけはしっかりと忘れないでください。

2012年12月16日 (日)

実際に消費者金融ってどんなの?

みなさん、こんばんは。
これから消費者金融からお金を借りようと考えている方は、どんなイメージを消費者金融に持っていますか?

最近ではテレビCMの影響や、景気の問題で利用者が増えている様です。

消費者金融という言葉に警戒心や嫌悪感を持つ人が、少し前まで多い様に感じました。

一度借りたら借金がドンドン増えてしまうような泥沼にはまってしまう感じで、融資を受けるのも怖い感じがしました。

今は大手消費者金融会社がこぞって、芸能人などを起用したテレビCMを流しています。

負のイメージを払拭する為、明るいイメージで親しみやすい様色々と工夫されています。

最近は消費者金融から融資を受けていると言う人もかなり増えたのも事実で
負のイメージは消費者金融の工夫により払拭された印象を受けますね。

最近では消費者金融やキャッシングについて知りたい場合は、インターネットで調べると手っ取り早く色々な情報を取得出来る様になった為
融資を試してみやすくなったと思います。

また、消費者金融が広がっていく前は
「融資」と言えば銀行が基本で手続き等で時間がかかっていましたが
消費者金融の融資の場合は、最短30秒と言うところさえもあります。

消費者金融系、銀行系、信販系など色々な金融会社が融資を取り扱っていますので、それぞれのメリット知って選んでください。

2012年11月25日 (日)

ブラックでお金を借りれる?

返済で何かしらの事故を起こしブラックになっている人でお金を借りたい人は多くいると思います。

ですが、忘れないでください。
基本的にブラックでお金を借りる事は社会的には出来ません。

それに反してブラックでも即日融資できるという会社があることが不思議ですし、いかにも怪しいと感じるのが普通です。

しかし、ブラックの状態が続いている方はいろいろな消費者金融会社を回っているうちにマヒしてしまってブラックで即日融資できる会社があるのが当然だと思っていることが多いようです。

ブラックで即日融資できる会社は確かにあります。

現実にブラックの方が即日融資してもらっているのですから。

しかしそれが当然だ普通だと思うことが危険だということに気づいていない方も多いのもまた現実です。

ブラックで即日融資してもらうということは会社側にもかなり危険が及ぶということです。


利益を出さないと会社として成り立ちません。
そんな中で危険をおかすということは相当の安全パイを用意しなければなりません。

ブラックで即日融資を求めている人はとても多くいます。

そんな方たちが困っているのをいいことに
いいお客さんとしてずる賢く利用するブラックでもOK会社もあります。
そんな会社に引っかかってしまうとブラックで困っている状態が救われるどころかさらに苦しい日々を過ごすことになるかもしれません。

2012年11月19日 (月)

借りる前に計画を!

借金を返済するにあたって気をつけることですがまず借りる前にしっかり自分の収入と支出を考えて
余裕をもって借りる事が大事です。

ギリギリ返せる金額だと何かあった時に返済出来ない場合があります。
現在ですと、各金融会社のHP等で返済シュミレーションが出来たりスマーフォンでは返済計画が出来るアプリ等も出ています。

お金を借りる上で一番重要なのが「返済していく事」です。
返済が滞る、または出来ないと社会的な自分の信用が無くなります。
その様なトラブルを避ける為にも自分の収入と支出を計算しそれを踏まえた返済シュミレーションを行い、返済計画を立てていきましょう。

金融業者から借りるのに慣れてしまうと滞りガチな計画が実は一番重要な事なので覚えておいてください。
この計画をしっかりしていれば、自分自身で節約もするでしょうし
時には我慢が出来る材料になります。
また社会的な信用を失ってしまうと「住宅ローン」や「自動車ローン」等もこの先審査を通すのが難しくなってしまうのです。

借りる前にしっかり返済に関してのシュミレーションをし計画をしっかり立てましょうね!
しっかりとした計画を立てていればキャッシングは力強い味方になってくれます。

お申し込みを検討している人は、各業者を比較できる消費者金融比較を参考にしてみてもよいかもしれませんね。
では、今回はこのへんで。
 

2012年11月11日 (日)

借りるなら金利について理解しよう!

今回は「金利」に関して書いていこうと思います。

消費者金融などから、これから借りようとお考えの方は「金利」について何も知らないでしょう。

金利というのはお金を借りる以上、切っても切れない関係にあります。

金融業者からお金を借りた場合、借りたお金(元金)の他に金利も必要になります。

金融業者から借りたお金(元金)に対して、定められた(契約した)金利によって計算される利息を、借りたお金(元金)にプラスして返済しなければなりません。

わかりやすく説明をすると
「金利とはお金を金融業者から借りたレンタル料」なのです。

金利によって金融業者は利益をあげているのです。

この金利ですが、設定は業者ごと法にのっとった範囲で自由に設定できますので
全ての金融業者が一律ではありません。

会社ごと、借りる金額ごと様々な金利の上下があります。

この法で定められた金利を超えて貸している業者は悪徳業者、俗にいう「闇金」と呼ばれるものです。

これからお金を借りようとお考えの方は借りる分だけの計算をするのではなく
この「金利」もしっかりと考えて計算をしましょう。

ざっくりとですが金利に関して説明させて頂きました。

次回も金融業者から借りる前に知っておきたい事を書いていこうと思いますので
参考にして頂ければと思います!

2012年11月 4日 (日)

金融会社から借りる前に自分の生活を考えよう!

こんばんわ!

お金を借りる人の理由で一番多い「生活費の為」とありますが
借りる前に生活費について考えましょう。

何も考えずにキャッシングをしてお金を消費者金融から借りてしまうのは楽ですし、手っ取り早いかも知れません。

でも・・・

ちょっと無駄使いしていませんか?

キャッシングをしてお金を借りる前に自分自身の生活費の使い方を考えましょう。

生活費の為にお金を借りるといっても理由は様々です。
「ギャンブルをして負けてお金がなくなってしまった」
「急な用事で散財してしまった」
「冠婚葬祭続きでお金が無くなってしまった」

下の2つの理由は何となく分かりますがギャンブルで負けて無くなってしまった場合が問題です。

最初のうちはキャッシング等で借りたお金ではギャンブルをしないかも知れません。

ですが、時間の問題でそういった理由で借入れをする人は
ギャンブルの為に借入れに走ってしまう可能性が高いのです。

自己破産、債務整理をする人の中でギャンブルに使いこみ、どうしもうなくなってしまった人が多数をしめます。

まずお金を借りる前に

「しっかりと自分自身の生活費でのお金の使い方を整理して考えましょう」

キャッシング等で借金を背負うという事はリスクも背負うという事なのです

2012年10月28日 (日)

090金融に注意

こんばんは。

ブログも3回目です、今回も宜しくお願いします!


消費者金融を利用する際に沢山ある「注意」すべき事。
今回も数ある注意点の一つを御紹介していきます。


みなさんがお金を借りる時ってどんな時ですか?
多くの方が急な出費が必要な時とお答えになるのではないでしょうか。

急な借入で金利は低く抑えたい、というのは何方でも思う所です。


そのような時にチラシやダイレクトメールで「金利僅か1%で500万円貸します」と書いてあれば、気になるのも仕方が無いのかもしれません。

テレビCMをしているような大手の消費者金融でもありえないような低金利でとても魅力的に見えると思います。

ですが実際には誘い込むだけ誘い込み、広告とは程遠く法外な金利での貸付を課せられます。


こういったチラシやダイレクトメールをを見た時、ひと目で悪質業者と判断できる部分があります。

それはチラシやダイレクトメールに掲載されている電話番号です。


日本において賃金業を経営する為には、「必ず固定電話の番号を設置する事が法律で義務付けられて」います。
宣伝広告の携帯電話番号の掲載は認められていません。

もしそのチラシやダイレクトメールに記載されている電話番号が携帯電話の番号だった場合、無登録で営まれる非合法な業者であると見て間違いありません。
こういった違法な業者の事を090金融と呼ばれています。



消費者金融で借りる、という場合は急な出費で急いでいて、余裕が無い時が多いと思います。
ですが悪徳業者に騙されないよう、注意だけはしておきましょう。

2012年10月21日 (日)

違法な悪徳業者に注意

こんばんは。

ブログ2回目という事で、早速書いていきましょう!

消費者金融からお金を借りる前に「注意」すべき事は沢山あります。
今回はその中の一つをご紹介していきます。

みなさんが今からお金を借りようとしている消費者金融業者は

「本当に安全な消費者金融業者ですか?」

お金を借りるのに安全ですか?って少しオカシイ気もしますが大事な事です。

今現在存在している消費者金融業者の中には
「悪徳消費者金融業者」も数多く紛れています。

悪徳業者からお金を借りてしまうと、のちのち大きな問題となってしまい
本当に面倒臭い事になります。

自分がこれからお金を借りようとしている業者が
本当に「悪徳消費者金融業者」ではないかをしっかり確認しましょう。

違法な悪徳業者を見分ける簡単な方法は
「財務局長又は都道府県知事の登録を受けているか、登録番号を確認」する事です。

まずこれに答えない業者は違法な悪徳業者と疑ってください。

また、登録番号を答えたとしても疑わしい場合は
「財務局又は都道府県の貸金業担当課」に問い合わせをすれば
その登録番号が本物かどうかわかります。


消費者金融からお金を借りる場合、急な出費などで急いでいる場合もあると思いますが
悪徳業者に騙されない様に注意だけはしておきましょう。

2012年10月17日 (水)

はじめましてのご挨拶

はじめまして!

このブログは、消費者金融で借りる前に知っておいてほしい情報を書きます。
消費者金融で借りた経験がある方も、是非ブックマークして更新をチェックしていただければ幸いです。